怪傑えみりーちゃんねる

中小企業診断士受験支援ブログ

令和2年度再現答案<事例Ⅱ:86点>

はじめに

こんにちは、エミリーです。とある事情により取り急ぎ自分の事例Ⅱをふりかえる必要が出てきたので再現答案をまとめます。ブログの全体概要はこちら

目次

問題はこちら

中小企業診断士試験 二次試験 令和2年度 2020年度 事例Ⅱ 事例2

https://www.j-smeca.jp/attach/test/shikenmondai/2ji2020/b2ji2020.pdf

f:id:emily_study:20210314013007p:plain

f:id:emily_study:20210314013014p:plain

f:id:emily_study:20210314013021p:plain

f:id:emily_study:20210314013031p:plain

f:id:emily_study:20210314020231p:plain

試験中に線を引いたところ

第1問

第1問(配点20点)
現在のB社の状況について、SWOT分析をせよ。各要素について、①~④の解答欄にそれぞれ40字以内で説明すること。

再現答案

  1. 強み:効能を有するハーブを無農薬で効率よく栽培できる技術、X島の豊かな自然、Z社取引実績。
  2. 弱み:YハーブやX島の知名度の低さ、Z社依存の経営、X島の人手不足や高齢化による活力低下。
  3. 機会:消費者の健康志向でヘルスケア市場が拡大基調であり、複数社から取引き要望がある。
  4. 脅威:Z社との取引量が減少しており、取引中止の可能性がある。ヘルスケア市場競争激化。

補足

予備校の模範解答たちはどれもX島をB社の外部環境としていました。私も初め外部環境としてリストアップしましたが、真の(?)外部環境であるZ社やヘルスケア市場に比べるとX島って全然身内だなと思って、内部環境にしました。でも高齢化とかB社ではどうにもできないことだし、やっぱり外部環境ですよね…いきなりミスっていたのかも…。

当日のメモ

f:id:emily_study:20210314014144p:plain

f:id:emily_study:20210314014150p:plain

第1問のメモ

第2問

第2問(配点30点)
Z社との取引縮小を受け、B社はハーブYの乾燥粉末の新たな取引先企業を探している。今後はZ社の製品とは異なるターゲット層を獲得したいと考えているが、B社の今後の望ましい取引先構成についての方向性を、100字以内で助言せよ。

再現答案

Z社製品ターゲットの30~40代女性と異なる50代以降の女性や男性を獲得すべく、健康・長寿の効能を活かし、高齢者層に強い取引先を開拓する。今後の取引先構成は、一社依存を脱却し、複数社によるリスク分散を図る。

補足

答案に書いた通り、30~40代女性と異なるターゲットどうしようかな〜って考えるときに、使える要素が健康・長寿の効能しかなかったので50代以降の男女ってことにしました。

このツイートが回ってきたとき、そういえばヘルスケアメーカーって明記してなかったことに気付きました。きっとヘルスケアメーカーに決まってるという思い込みがあったんだと思います。思い込みは怖いです。

当日のメモ

f:id:emily_study:20210314014730p:plain

f:id:emily_study:20210314014735p:plain

第2問のメモ

第3問(設問1)

第3問(配点30点)
B社社長は最近、「眠る前に飲むハーブティー」の自社オンラインサイトでの販売を手がけたところ、ある程度満足のいく売上げがあった。

(設問1)
上記の事象について、アンゾフの「製品・市場マトリックス」の考え方を使って50字以内で説明せよ。

再現答案

既存のZ社Yハーブ製品ではなく、OEMと自社サイトで新製品開発、新市場開拓を行い、事業の多角化に成功した。

補足

もし設問に「アンゾフの考え方を使って」としか書かれてなかったら、厳しかったと思います。「製品・市場マトリックス」って書いてくれてたので、「ああこれね」というのが思い出せました。

当日のメモ

f:id:emily_study:20210314015201p:plain

f:id:emily_study:20210314015206p:plain

第3問(設問1)のメモ

第3問(設問2)

B社社長は自社オンラインサイトでの販売を今後も継続していくつもりであるが、顧客を製品づくりに巻き込みたいと考えている。顧客の関与を高めるため、B社は今後、自社オンラインサイト上でどのようなコミュニケーション施策を行っていくべきか。100字以内で助言せよ。

再現答案

B社製品購入者を対象に、双方向のコミュニケーションを行う。掲示板やアンケートで要望や感想を収集し、顧客ニーズを反映した製品づくりを行い、顧客満足度向上、愛顧向上、関係性強化、固定客化、売上向上を図る。

補足

メモの時点では「SNS」「投稿促し」というワードもありましたが、設問に「継続」「顧客の関与を高める」「自社オンラインサイト上で」というヒントがあったので、解答要素を絞り込んでいきました。

当日のメモ

f:id:emily_study:20210314015446p:plain

f:id:emily_study:20210314015451p:plain

第3問(設問2)のメモ

第4問

第4問(配点20点)
B社社長は、自社オンラインサイトのユーザーに対して、X島宿泊訪問ツアーを企画することにした。社長は、ツアー参加者には訪問を機にB社とX島のファンになってほしいと願っている。
絶景スポットや星空観賞などの観光以外で、どのようなプログラムを立案すべきか。100字以内で助言せよ。

再現答案

大都市圏在住の女性層を対象に、B社製品とX島を楽しめるプログラムを立案する。①耕作放棄地を活用した農業体験②地元民のハーブ料理試食会③アロマオイルによるエステ④釣り体験等で、愛顧向上、地域活性化を図る。

補足

「④釣り体験」ってマジでいらないですよね。都会の女が離島で釣りとかさせられて喜ぶと思うか…?そもそも①〜③はちゃんとB社とX島のコラボ企画になっているのに、釣りはハーブ関係ないし、「絶景スポットや星空観賞などの観光以外で」ってわざわざヒント出してくれてるのに、絶景スポットと星空観賞じゃなかったら何書いても良いと思ったのか…?すみませんでした。

当日のメモ

f:id:emily_study:20210314015949p:plain

f:id:emily_study:20210314015953p:plain

第4問のメモ

まとめ

こうすればよかったという反省点はあるものの、「事故」と呼ぶくらいの大きなミスはなく、よくできたと思います。(事例Ⅰでは1件、事例Ⅲでは2件も事故っている…)

当日のメモ全体

f:id:emily_study:20210314020947p:plain

f:id:emily_study:20210314020955p:plain

f:id:emily_study:20210314021000p:plain

当日のメモ全体

おわりに

伝説の令和元年度事例Ⅰ96点答案には遠く及びませんが、参考になると思うので(自分で言う)ご活用くださいませ。

二次試験をどうやって解くかは有益な情報リスト<二次試験対策>の①②③を、事例Ⅱの開眼情報は⑤⑥を参考にしてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ツイート置き場

これを押してほしい
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
これを押してほしい 
試験の点数が上がる記事(必読)